スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古武術の運足

以前、東堂さんに影響されて古武術の「抜き足」というものを調べて記事にしたんですけど…
情報が少ないということもあったんですが、出鱈目もいいとこでした(笑)

実際の抜き足って「抜き足差し足」の抜き足のことで、本来は音を立てずに移動することが目的みたいです。
なので、東堂さんが使用していた運足は実際には存在しないということが判明いたしました(笑)

で!!!
僕が知りたがっていた「相手の認識が遅れるような歩法」、つまり東堂さんがやっていた歩法ですけど、調べたらそれっぽいのが出てきたので紹介します。

回りくどく説明するのも面倒なのでズバッ!と言います。
ズバリ「踵で踏み出す」です!!
あと割と「自然に歩くように」ということも重要だなと感じました。

「自然に歩くように」というのは宮本武蔵が「五輪の書」に記しています。
多分踵で踏み出すことに関しても書いているんじゃないかな。

「踵で踏み出す」ことに関しては柳生の人(下の名前忘れました)が書籍に記してるみたいです。

距離を詰めることに関してはきっと間違いではないと思うんですけど、問題なのは両方とも主に「剣」の人ということなんですよね(笑)

だから、これを打撃に使おうと思うと一工夫必要なんじゃないかと思ってます(;´・ω・)
スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。それにしても昨年の記事を削除とはびっくりしました。

2017/01/06 (Fri) 11:34 | Aspecchi #- | URL | 編集
Re: 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

特に理由は無いんですけどね。記事に書いた通り、心機一転みたいな感じです(笑)

2017/01/08 (Sun) 15:51 | KH2 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。